お肌の医薬品

お肌のシミのの緩和に飲んで効く「お肌の医薬品」と呼ばれるものが、今話題を呼んでいます。

30年にわたりシミに悩み続けてきた母親のために、息子さんによって開発された医薬品です。

お母さんが農作業を営んでおられ、40代から斑点のようなシミが顔や首、手の甲に続々と出てきたそうです。

母親のシミの悩みを解決するために、くすりの都と言われる富山の薬会社に勤務していた息子さんは、「シミ、ソバカスにに悩んできた母に喜ばれるものはないか」と、真剣に開発に取り組みました。

そんな中、4つの有効成分の働きで、シミの原因である黒色メラニンを薄くし、生成を抑え、排出を促すことをつきとめました。

そして今、第3類医薬品という承認を得て、多くの女性や男性に愛用されれるくすりとなったのです。

開発者の息子さんは、

「母の悩みを解消してあげたいという思いとともに、身体に優しい物をという点も重視しました。

国内産の原料と国内での生産にこだわったのはそのためです。

飲むものだから、安心も届けたいと考えております。」

と語っておられます。

現在、還暦を迎えるというお母さんは、

「明るい笑顔を取り戻せました。息子に感謝・感激です。

シミが気になって夏でも長袖を着たり、手袋をしてずっと悩んでいました。

息子がこの医薬品を開発してくれて、毎日を明るく、積極的に取り組めるようになりました。」

と語っています。

シミ・そばかすに悩む方はとてもたくさんおられますが、女性・男性を問わず、悩みの解消にとても気になる情報です。

(朝日新聞2014年9月4日・広告より)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ